自然環境の悪化を止める事、人々の食事環境を良くすることが、世界を住みやすくし、人が罹病しない事を進める上で大切なこと

お問い合わせ
wat@okomari.net
受付10:00~16:00 年中無休


NPO法人環境と未病対策研究会の趣旨

背景にある社会情勢およびその課題や問題点
現在、多くの方々は文明が進んだ恩恵を受け、安全で安心な世の中を創り、幸福に暮らしております。
それにも関わらず環境は悪化の一途を辿り、癌患者は増え続けております。そこには自然環境の悪化、食事環境の悪化などの課題が見えてきます。その悪化を止める事が急務であります。
環境ではCO2などの温暖化の問題があります。乗り物からでる排ガス、焼却炉から出る排ガス、マイクロプラスチックの問題、これは世界中で考えるべきことである問題点です。
今の日本では認可された素晴らしい医療機器があっても病院へ導入されず持ち腐れになっています。なぜなのか、これも大きな問題点です。
その様な日本のまだ知られていない多くの環境機器、病気に対する考え方を多くの人々に知ってもらいたいと考えております。

課題や問題点の解決策または将来目標
自然環境の悪化を止める事、食事環境を良くすることが、世界を住みやすくし、人が罹病しない事を進める上で大切なことと推察します。
日本の民間には未病対策の多くの情報(柿の葉、よもぎ、イタドリ、クマザサ、イチョウの葉などを使用する健康対策など)があります。
自然環境の悪化は世界の問題ですが、環境に良いとされる技術や知識が存在するにも関らず広まっていない事に危機感を持ちます。日本には環境が良くなるような機械や道具など、製作している数多くの企業があります。
それらの情報や物や考えを日本と世界に発信して行き、人々の役に立ちたいと考えています。それによって日本の物や技術が世界に役立てることができ、日本の国自体や人々が活性化すると考えます。


NPO法人 日本著作権登録申請普及協会] [東京表参道ブランド推進室] 
デザイン・モナパブリシティ] [NPO法人 世界音楽友達の会
りぼんペラペラ英語サービス] [NPO法人 カラー応用支援協会
色のドレミ

ページトップへ戻る